エンボディメント プラクティス Embodiment Practice

ケアヌエヌエのオリジナルのボディワークです。

不定期ですがワークショップで開催しています。

 

だれもが持っている「からだ」に備わっている骨や筋肉を理解し意識を向け感じながら体現(エンボディメント)していくボディワークです。

継続的に練習をすることで、ボディ・マインドの「今ここにある=presence」状態に気づくことがでるようになるでしょう。

 

では、「今ここ」にいることがなぜ必要なのでしょう?

 

それは、今の状態を知らなければ変化に気づくことは難しいからです。

 

私たちは、からだの動かし方や座り方一つとっもて自分の癖や習慣からくるパターンを持っています。

いつも肩がこる、腰痛がある状態というのは何かしらパターンがあるのではないでしょうか?

マッサージに行ったりお風呂に入ったりすると一時的には治る。でもまた痛くなる。。。

 

練習を重ねることでより深く自らの身体を知ることを知り、最終的には病気にならない身体づくりを目指していきます。また、プラクティスをしていく中でマインド(考え方や思考パターン)の癖に気づくこともあるかもしれません。

 

年齢に関係なくご参加いただけます。

また、マッサージを学びたい人や既に学んで来た方にもおすすめです。

 

 

∞ プラクティスのご紹介 ∞

 

ー 「からだ」理解することからはじめましょう。

  自分の骨がどこにどれくらいの大きさであるのかを理解し感じていきます。

 

 

ー 「触れる」「触れられる」ことから始めよう。

  触れることで肉体的に疲れが取れたり、リラックスしたり様々な変化が起こります。

  では、どのように触れるのがよいのでしょうか。まずは、感じてみましょう。

 

 

ー 「動き」を知る

  骨はどう動くかを知り、体現してください。

 

 

ー 「呼吸」と「からだ」

  呼吸には、腹式呼吸と胸式呼吸があります。内臓をしっかり動かす腹式呼吸をするだけでも汗をかきます。呼吸と動き取り入れることでどれだけ体が変わるか感じ、観ていきます。

 

 

ー 「呼吸」と「チャクラ」

  私たちのからだにはチャクラ(気の流れのポイント)があると言われています。チャクラを意識することで気の流れが活性化します。また、チャクラにはそれぞれ音があります。

 

 

ー 「バウンダリー」と「からだ」

  日常生活を送る中で、自分にとっての安全で安心できる境界線があいまいになっていませんか?

  自分の内側と外側の境界線をはっきり認識していきます。

 

 

― 「生まれる」体験

  生命誕生から生まれて歩くまでのプロセスを体現していきます。